HOME > 各種ご相談一覧 > 成年後見

成年後見

◆成年後見ってなに?

高齢による認知症や、精神障害、知的障害などにより判断能力が不十分な状態にある人は、自分の財産を管理したり、福祉サービスの利用や施設入所に関する契約を結んだりすることが難しい場合があります。

またよく判断できないで、販売員の言われるがままに契約を結んでしまい、悪質商法の被害にあう恐れもあります。このような判断能力が不十分な状態にある人を保護し、支援するのが成年後見制度です。

判断能力が不十分な高齢者や障害者については、成年後見を利用することによって
・成年後見人などが同意権・取消権を持つことによって、他人が財産を侵害しようとしたときにそれを排除することができます。
・成年後見人などは代理権を行使して、介護サービスや施設利用の際の契約を結んだり、本人を代弁して介護サービスや施設利用面でサービス利用について助言・相談をすることができます。

※同意権とは、判断能力が不十分な人が法律行為をするにあたり補助人または、保佐人が同意する権限をいいます。
※取消権とは補助人または保佐人の同意を得るべき行為について、補助人または保佐人の同意を得ないで行った本人の行為を取り消すことができる権限です。
※代理権とは、本人に代わって法律行為(契約など)を行うことができる権限をいいます。

 

◆成年後見制度の概要

◆成年後見人、保佐人、補助人の仕事は?

◆成年後見制度の活用方法(高齢者・精神障害者障害者・知的障害者)

◆成年後見の3つのタイプ(後見)(保佐)(補助)

◆代理してできる権限(代理権)の例

◆成年後見をうける人(成年被後見人、被保佐人、被補助人)の制約

◆本人と成年後見人の利益が重複してしまう行為

◆誰が成年後見人(保佐人、補助人)になればいいのか?

◆「成年後見人」(「補助人」「保佐人」)になれない人

◆成年後見人のチェック体制

◆審判前の保全処分

◆保佐開始・補助開始の決定がなされたあと本人の判断能力が低下した場合には

◆成年後見人(保佐人・補助人)にできることできないこと

◆成年後見(保佐・補助)の終了

◆成年後見人(保佐人・補助人)の解任

◆成年後見人(保佐人・補助人)の辞任

◆成年後見人(保佐人・補助人)への報酬

◆成年後見申立て権者(成年後見の申立ができる人)

◆申立てはどこに?方法は?

◆成年後見申立ての事務手続きの流れ

◆申立てに必要な書類

◆申立てに係る費用

まずはお気軽にご相談ください。
お電話(平日10時〜18時)
 0476-26-4641
インターネット(24時間受付)


対応地域:千葉県成田市・富里市・八街市・酒々井町・栄町・多古町・芝山町・四街道市・香取市・佐倉市・印西市・八千代市・鎌ヶ谷市・松戸市・柏市・我孫子市・銚子市・旭市・山武市・匝瑳市・東金市・千葉市・船橋市 他茨城県 等

このページの先頭へ戻る