HOME > 各種ご相談一覧

各種ご相談一覧

◆ご相談一覧

□任意後見

任意後見とは将来認知症などによって物事を判断することが困難となった場合に備えて、判断の能力がある元気なうちに将来のことを考えて結ぶ契約です。状況に応じて、現在なんかしら困っていることをお願いする契約、亡くなったあとの事務処理に関する契約もあります。

・・・詳細は任意後見ページへ⇒

□成年後見

現在認知症や精神障害、知的障害などで判断能力が十分でない方について、家庭裁判所に申し立てをして、親族や専門家などの後見人をたてて、老人ホーム入所の際の契約・定期預金の解約・相続手続きなどをスムーズにする制度です。

・・・詳細は成年後見ページへ⇒

□相続

人が亡くなった時には、多かれ少なかれ相続が発生します。遺言があった場合にはその遺言に従って、遺言がない場合には法律で決まった方式で、相続人に分配することになります。銀行の手続き、不動産の手続きなどと同時に、相続人間の利害も強く絡みます。そのため、相続については多くの方は複雑な手続きで難しいと感じる方は多いようです。

・・・詳細は相続ページへ⇒

□遺言

自らが亡くなった後に、自分の残した財産をどう処理するかを決められる唯一の手段です。財産を相続人ではない人にあげたい、法律で決まった相続人がいないのでお世話になった人にあげたい、相続人はいるけれども法律で決まった分配方法とは違った方法で相続させたい、死後に認知をしたいなど、遺言ではさまざまな取り決めができます。

・・・詳細は遺言ページへ⇒

□内容証明

内容証明は郵便局が“どのような手紙を、いつ、誰が、誰に対して送ったかを証明する手紙”です。相手に差出人の強い意志を伝えたり、相手に心理的なプレッシャーを与えたり、相手の反応をうかがったりとする効果がありますが、内容証明によって、例えば“履行がない場合には裁判に訴える”などの文言があれば、相手方も差出人の強い意志を感じることができプレッシャーを感じることは間違いありません。トラブルになりそうなとき、トラブルを未然に防ぐという意味では、とても効果のある方法です。

・・・詳細は内容証明ページへ⇒

□公正証書

公正証書とは、公証人が作る強力な事実関係を証明する証明書です。公証人は公証役場にいますが、この人たちは裁判所判事や検察官などの経験を一定期間以上有するものしかなれず、いわば法律に関するエキスパートです。その公証人が、実際に立ち会い、事実関係を整理し、法律的に意味のある“契約”にしてもらうと後日トラブルになったとき、トラブルにならないか、もしくはトラブルになっても解決への道が早くなります。

・・・詳細は公正証書ページへ⇒

□外国人のビザ

外国人のビザとは、ここでは在留資格のことを指します。外国人の方は何ら制限も受けず、審査も受けずに自由に日本に入国し、仕事に就き生活してよいというわけではありません。外国人がどのような目的で日本を訪れ、どのくらい滞在するのか、それが日本人の生活を脅かすことはないのかどうかを日本の法令に基づいて判断し、日本に滞在することができるかどうかが決められます。

・・・詳細は外国人のビザページへ⇒

□介護事業者コンサルタント

介護保険は9割を保険者(市町村)が負担するという公的性質が強く安定的な事業であると考えられています。しかし、実際の介護保険事業者は慢性的な人手不足、介護保険制度の改正、介護報酬の削減、内部的な人材育成、指導監査への対応、労働集約型という特殊性、生産性の低下、経営者と労働者との格差、利用者からのクレーム、訴訟などなどここでは挙げきれないほどのとても大きな問題をいくつもかかえ倒産したり、保険者(市町村)や都道府県などから注意、勧告、果ては指定取り消しを受ける事業者も残念ながら多いのが現実です。介護の適性に合った事業を展開すれば、安定して事業を行うことができます。

・・・詳細は介護事業者コンサルタントページへ⇒

◆その他の業務

◦株式会社設立、合同会社設立、合資会社設立、合名会社設立、起業支援、公的融資相談
◦一般社団法人、財団法人設立、協同組合設立相談
◦医療法人設立、事業報告など
◦NPO法人設立、事業報告など
◦社会福祉法人設立、関連業務許認可
◦宗教法人設立、関連業務
◦農業生産法人設立、関連業務
◦会計記帳代行、決算書作成、財務報告書作成
◦運送業許認可・届出
◦倉庫業許認可・届出
◦特殊車両通行許可申請
◦郵政事業
◦建設業許可申請・各届出、経営事項審査
◦建築士事務所登録他関連業務
◦測量業者登録、関連業務
◦宅地建物取引業免許申請、更新、変更届け他
◦産業廃棄物収集運搬業許可申請、中間処理施設・最終処分場など
◦キャバレー、待合、料理店、ナイトクラブ、ダンスホール、喫茶店、バーなど
◦風俗営業に該当するもの
◦深夜酒類提供飲食店など
◦パチンコ店開設
◦ゲームセンター、マージャン店開設
◦入札参加資格審査申請、競争参加資格申請
◦農地法3・4・5条許可、農地法各届出、農地売買など
◦開発許可、都市計画、土地利用、国土法
◦事実証明書作成
◦車庫証明、自動車登録手続き
◦出張封印ほか自動車登録手続き
◦交通事故相談、交通事故示談書作成、自賠責保険請求
◦悪徳商法トラブル
◦医薬品一般販売業許可申請、医療機器製造販売業許可申請
◦古物商許可申請・変更・書換
◦質屋許可申請・変更・書換
◦ペットトラブル
◦告訴状作成、告発手続き
◦契約書作成、契約法務
◦金融商品取引業、貸金業登録申請
◦パスポート申請
◦飲食業、飲食店許可
◦知的財産権、著作権
◦株主総会議事録作成、取締役会議事録作成、事業承継
◦養子・離婚・権利義務・情報公開
◦環境保全、河川法
◦国有財産払い下げ、用途廃止
◦ISO認証取得申請
◦食品製造業許可
◦旅館業許可
◦輸出入通関手続き
◦消防法に基づく諸手続き
◦行政不服申し立て「聴聞・弁明の機会」の手続き代理
◦鉄砲刀剣類所持許可、届出
◦酒類小売業免許、酒類卸売業免許
◦有線電気通信届出
◦公害・公害補償
◦運転免許申請
◦自動車リサイクル法に基づく自動車解体業、破砕業許可申請
◦学校法人設立許可申請
◦投資助言・代理業者登録申請、対日投資等に対する手続き
◦土地改良法に基づく手続き
◦砂利採取業、採石業、土採取業の登録
◦道路、水域占用許可
◦性風俗特殊営業開始届
◦墓地経営許可
◦自治体職員対象研修策定相談
◦市区町村立施設開放申請代理
◦指定管理者申請代行
◦地縁団体認可申請
◦補助金申請
◦その他行政書士法第1条の2、第1条の3に規定する業務
※高度に難解な案件に関しては、他の専門職をご紹介するか、お断りすることがございます。
※当職が法令に違反すると認識し、改善をお願いしても応じていただけない場合にはお断りさせていただくことがございます。

まずはお気軽にご相談ください。
お電話(平日10時〜18時)
 0476-23-2481
インターネット(24時間受付)


対応地域:千葉県成田市・富里市・八街市・酒々井町・栄町・多古町・芝山町・四街道市・香取市・佐倉市・印西市・八千代市・鎌ヶ谷市・松戸市・柏市・我孫子市・銚子市・旭市・山武市・匝瑳市・東金市・千葉市・船橋市 他茨城県 等

このページの先頭へ戻る