HOME > 各種ご相談一覧 > 成年後見 > ◆申立てに係る費用

◆申立てに係る費用

◆申立てに係る費用について説明しています

 (1)家庭裁判所申立て時

収入印紙800円

(後見、保佐、補助開始の審判のため)※保佐開始、補助開始で代理権付与を求める場合、同意を要する行為の定めをする場合(保佐の場合には追加)はそれぞれ別途800円が必要

登記印紙4,000円
郵便切手4,550円(家庭裁判所によって変動あり)

※内訳;500円切手×4枚、80円切手×30枚、10円切手×15枚・保佐開始、補助開始の場合、このほかに500円切手×2枚、10円切手×15枚が必要(家庭裁判所支部によって変動あり)

 

(2)申立人

戸籍謄本450円
住民票300円

 

(3)本人分

戸籍謄本450円
住民票300円
後見登記されていないことの証明書400円
かかりつけ医の診断書概ね20,000円程度

 

(4)成年後見人等候補者

戸籍謄本450円
住民票300円
身分証明書300円
後見登記されていないことの証明書500円
鑑定書概ね50,000円~100,000円
(事案によっては10万円以上の場合もあります)

合計 13,950円(後見類型の場合には12,900円)
※かかりつけ医の診断書、鑑定書費用は除く

※上記は概算です。大きく変ることはありませんが、事案によってまた各家庭裁判所によって変ってきます。

このページの先頭へ戻る