HOME > 各種ご相談一覧 > 成年後見 > ◆申立てに必要な書類

◆申立てに必要な書類

◆申立てに必要な書類について説明しています

(1)申立て書類

◦申立書
◦申立書付表
◦後見人候補者身上書(候補者が親族の場合)
◦財産目録(添付書類;不動産登記簿謄本、固定資産評価証明、通帳の写し、年金証書の写し等)
◦収支予定表(本人の直近1年間の収入、支出の内訳を記入)
◦本人の同意書(保佐開始、補助開始で本人以外の申立ての場合)
◦本人の親族の同意書(後見人候補者に同意している場合)
◦代理権目録(保佐開始、補助開始で代理権付与を求める場合)
◦同意行為目録(保佐開始、補助開始で同意を要する行為の定めを求める場合)

(2)本人についての書類

◦戸籍謄本(または戸籍の全部事項証明書、以下同じ)
◦戸籍の附票または本籍地の記載のある住民票の写し
◦成年後見に関する登記事項証明書(登記されていないことの証明書)
◦診断書(診断書付票)
※家庭裁判所が審判について判断に迷う場合には別途、精神科医師等により詳細な鑑定が必要となる場合があります。

(3)申立人についての書類

◦戸籍謄本
◦住民票の写し

(4)成年後見人候補者についての書類

◦戸籍謄本
◦住民票の写し
◦身分証明書(自分が被後見人や破産者等でないことを証明する書類)
◦成年後見に関する登記事項証明書(登記されていないことの証明書)

(5)切手、収入印紙

このページの先頭へ戻る