HOME > 各種ご相談一覧 > 成年後見 > ◆成年後見人(保佐人・補助人)の辞任

◆成年後見人(保佐人・補助人)の辞任

◆成年後見人(保佐人・補助人)の辞任について説明しています

成年後見人(保佐人・補助人)は正当な理由があるときには、家庭裁判所の許可を得てその職務を辞退することができます。「正当な理由」については、個々の事案ごとに判断されることになりますが、成年後見人(保佐人・補助人)が病気・高齢・遠隔地に転居などの理由で本人の保護に関して必要な配慮ができなくなったような場合などが考えられます。

このページの先頭へ戻る