HOME > 各種ご相談一覧 > 成年後見 > 成年後見制度の概要

成年後見制度の概要

成年後見制度の概要を説明します

成年後見制度は、大きく分けて法定後見制度と任意後見制度に分かれます。任意後見制度に関しては別項にて説明がありますので、そちらを参考にしてください。

ここでは法定後見制度について簡単に説明をします。法定後見制度は原則的に“今何らかの法律的支援が必要な方”に対する制度です。精神的な障害であったり、知的障害であったり、認知症であったり中には不幸にも植物状態になってしまった方々が、今銀行口座や株などの財産に関する管理が必要であったり、病院や施設などへの入院、入所の契約、施設などへの利用料金の支払い、相続人になったなどの理由で今すぐに法律行為をしなければならないのにそれが出来ない、または出来にくい状態の方が利用する制度です。

その方が理解できる程度によって、成年後見、保佐、補助と3つに分けることが出来ます。

このページの先頭へ戻る