HOME > 各種ご相談一覧 > 任意後見 > ◆将来に備える契約

◆将来に備える契約

◆将来に備える契約について説明しています

 将来に備える契約とは、任意後見契約といいしっかりしているうちに、認知症などで物事を理解することが困難な状況になった時のために、お願いしたい人をあらかじめ決めておき、その人にお願いしたい事柄も決めておきます。
例えば、入院したときに備えて入院の手続きや入院費の支払い、介護サービスが必要になったときに備えて、介護事業者との契約、利用料金の支払いなどをお願いしておけば、いよいよ認知症などの病気になって物事の理解が乏しくなった時に、一定の手続きを経て、代理人が決められた範囲内で、代理できるというものです。
認知症などになったときに、もともとお願いした人が代理人となって決められた物事を進めることができますが、家事や介護などをその人にお願いすることはできません。家事や介護が必要になった時には、適切な介護事業者と契約を結ぶことによって本人の家事や介護を担う仕事をします。

このページの先頭へ戻る